【営業力不要宣言】フリーランスエンジニアの恵まれた環境

”フリーランス”と聞くと、大半の方が「営業」という言葉を思い浮かべるのではないでしょうか?そこで考えなくてはならないのが自分自身の営業力です。

”営業力なんてないから自分には厳しい”
”案件なんてそんな簡単に獲得できない”

私も現在フリーランスエンジニアとして活動を始めて2年目になりますが、最初は自分で案件を獲得できるかすごく不安でした。ただ、現在では営業への不安はまったくありません。なぜなら現代ではフリーランスエンジニアをサポートしてくれる信頼できるサービスがあるからです。

ですので今回は、まだまだ気付いていない人も多い「フリーランスエンジニアの恵まれた環境」というテーマでお話ししていきます!

この記事を一読すれば、フリーランスエンジニアには営業力は不要ということがお分かりいただけるかと思います!!

そもそもフリーランスエンジニアには営業力は必要なのか?

まず初めに断言しますが、フリーランスエンジニアに営業力はほとんど必要ないです。ビジネスパーソンとして人並みのコミュニケーション力があれば問題なく活動していけます。

事実として、営業力が無くとも案件に参画しているフリーランスエンジニアは世の中にはたくさんいるのです。ご存知の方も多いと思いますが、それらの人たちは主にフリーランスエージェントを利用しているのです。

”なんだフリーランスエージェントか”
そんな風に思ったあなた。これからフリーランスエージェントが展開しているサービスを紹介しますが、これを機に改めてフリーランスエージェントを利用するメリットを考えてみましょう。

フリーランスエンジニアはこんなにも恵まれている

ご存知かと思いますが、フリーランスエージェントは「手数料を支払う代わりに案件を紹介してくれる」というサービスです。それだけでも、大変メリットの大きいサービスですよね。

フリーランスエージェントを利用するにあたり手数料が発生しますが、そこで損に感じてしまう方も多いのではないでしょうか?大半の場合、フリーランスエージェントに手数料を支払うタイミングは、自分が案件に参画し、そこで得た報酬から天引きのような形でフリーランスエージェントに支払われます。

お気付きでしょうか?
フリーランランスエージェントはあなたがフリーランスとして成功するまでは一切お金を貰わず、営業をしてくれているのです。ですので、あなたが成約しない限りエージェントにも利益はありませんので、エージェントのプロの営業マンも必死に営業するのです。

自ら営業を行うとなると、かなりの労力と時間が必要となります。あなたがもし、日本でトップの営業マンなら話は別ですが、並の人が営業する労力に比べるとフリーランスエージェントに支払う手数料は、非常に費用対効果の高い出費なのです。ですのでフリーランランスエージェントを利用しているエンジニアは、他の業種と比較すると営業に費やす時間はかなり少ないのです。本来営業に費やす時間を自分の学習時間に費やすことができ、スキルアップすることで更に良い条件で案件に参画できるなど、メリットは一目瞭然です。エージェントに支払う手数料をケチるより、早い段階で良い条件の案件に参画する方が断然効率が良いですよね。

改めて言いますが、フリーランスエンジニアに営業力はほとんど不要なのです。

エージェントで案件を獲得するまでのステップ

自分で案件を獲得しなければならないフリーランスにとって、これ以上ない心強いサービスを展開しているフリーランスエージェント。フリーランスエージェントを利用するメリットを再確認できたかと思います。

ではフリーランスエージェントを利用し、案件を獲得するまでのステップをご説明します。

STEP1. 無料登録・面談日程調整

まずはフリーランスエージェントが運営しているサービスに登録しましょう。登録は無料が一般的です。それと同時に、フリーランスエージェントの営業担当と面談する日程を決めましょう。

STEP. カウンセリング

カウンセリングでは、自分が今までに経験してきたスキルや挑戦したいスキル、希望単価や出社条件など、自分の様々な希望を営業マンに伝えます。希望を伝えることで自分に合った案件を営業マンが探してくれますので、なるべく具体的に伝えましょう。ここでは話をスムーズに進めるため、スキルシート職務経歴書を用意しておくと良いです。

STEP3. 案件紹介・申込

カウンセリング後、営業マンが自分の希望に沿った案件を紹介してくれます。大半の場合、メールや電話、エージェントのWebサイトなどで通知してくれますので、定期的にチェックしておきましょう。

自分が気に入った案件があったら申し込みをします。

STEP4. 商談

申し込みを経て、クライアント側が依頼した業務内容に対応できそうと判断した場合、商談に進むことができます。

商談は、クライアントが「どの人に仕事を任せるか」「申込者の中から依頼をするのが適正か」などを見極める場となります。公開中の案件には、同じ案件に参画希望のライバルがいることがあります。ここでは、今までどんなスキルを経験してきたのか、どんな長所があるのかをクライアントに伝え、アピールしましょう。

STEP5. 商談成立・参画

無事、クライアント側との商談が成立した場合、晴れてフリーランスとして案件に参画することができます。

STEP6. 安心サポート・定期コンサルティング

弊社が運営する「フリーランスライフパートナーズ」では案件参画後も、安心して業務に取り組んでいただけるよう、安心サポートや定期的なコンサルティングを行っています。

安心サポートでは万が一、参画現場で損害賠償請求を受けてしまった場合、最高1億円の損害賠償補償(自動付帯)や急なケガで働けなくなってしまった場合などの保険など、安心してフリーランスライフを送っていただくために様々なサービスをご用意しています。

また、定期コンサルティングでは「今の現場は合わない」「新しいスキルに挑戦してみたい」など、あなたの様々なお悩みを解決するためにご活用いただけます。ここではIT業界に精通した現役フリーランスエンジニアのスタッフが、自身の経験や業界の動向を元に、あなたのお悩み解決に向けて相談に乗ってくれますので是非ご活用ください。

最後に

他の業界で自分で事業を営む人の傾向として「自ら営業をして自分の力で生活していきたい」という信念を持っている人が多くいます。もちろん営業力に自信のある方もたくさんいるでしょう。

しかしIT業界ではフリーランスエンジニアにとって恵まれた環境があります。近年ではITニーズの高まりやエンジニア不足の背景から、フリーランスエージェントの市場規模も年々拡大しています。営業力が無くともフリーランスエージェントを利用することで、様々な人がフリーランスとして活躍できる未来が高確率で来ると言えます。

フリーランスというと「全て自分で」というイメージになりがちですが、周りの人やサービスに頼ることも時には必要で、とても立派な選択なのです。

まずは無料相談へ!

関連記事

TOP